読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作家・東峰夫 公式ブログ

東 峰夫 小説家。第33回文學界新人賞受賞、第66回芥川賞受賞。 著書: オキナワの少年(1972) 、ちゅらかあぎ(1976)、大きな鳩の影(1981) 、ママはノースカロライナにいる(2003) 、貧の達人(2004)、『現代の神話シリーズ』執筆中

泉の側の草庵

自由奔放なる空想ほど楽しいことはない。光子天使の活動と同一のレベルにあるからだ。光子天使たちは意識の大気中を飛翔して活動している。天使たちにまじって飛翔すれば太陽神の理念(イデア)が分け与えられるというもの。かくして着想や構想、回想や予想、夢想や理想を胸いっぱいに取り込むことができるのだ。それゆえ空想をバカにしてはならない。それによって創造力が鍛えられるからである。

~②現代の神話シリーズ 『天魚大概論』(執筆中)より~