読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作家・東峰夫 公式ブログ

東 峰夫 小説家。第33回文學界新人賞受賞、第66回芥川賞受賞。 著書: オキナワの少年(1972) 、ちゅらかあぎ(1976)、大きな鳩の影(1981) 、ママはノースカロライナにいる(2003) 、貧の達人(2004)、『現代の神話シリーズ』執筆中

世の中には動物みたいな人が大勢

「世の中には動物みたいな人が大勢いるわよね?」と白日夢に母が現れてそういった。
「だからだよ、だからいっているじゃないか!外見は人間だけど内面の性質を見ると動物的なのがいっぱい。それが保守本流になってるよ。咆哮恫喝する獅子人間、強欲で狡猾な龍人間、虎の威を借る狐人間、冷血で狡知の蛇人間、荒野に生きる狼人間、主人に忠実、他人に反目の犬人間、貯えを盗む鼠人間、お惚け老獪な狸人間、生徒をいじめる鎌鼬人間、夢を食べて生きる獏人間。霊を視る馬人間、ゆっくり牛歩の牛人間、猪突猛進の猪人間、知識摂取欲が旺盛な豚人間、媚態と冷淡を使い分ける猫人間、性欲が強い兎人間、人真似上手な猿人間といっぱいいるんだ」

~①現代の神話シリーズ 『かつてぼくは羊だった』(執筆中)より~